新着情報

とっとり未来キッズプロジェクトからのお知らせです。

9/22(土)秋のBSSまつりで「とっとり未来キッズプロジェクト」展示開催!

こんにちは。とっとり未来キッズプロジェクト運営事務局です。

今回の「とっとり未来キッズプロジェクト」では、賛同企業での仕事体験に多くの方々に申込いただき、本当にありがとうございました。今回は参加できる人数が限られたため、結果的に体験に参加できない方が多くなってしまい、事務局として心苦しく思っています。

そこで、今週土曜日22日に米子ビックシップで開催する「秋のBSSまつり」会場で、夏休みに実施した仕事体験の様子の展示と、BSSのお仕事体験を実施することにしましたのでみなさんにご案内します。ぜひご来場ください!

秋のBSSまつり
日時 9月22日(土) 9:00~16:30
会場 米子コンベンションセンタービッグシップ
内容 アナウンサー体験(小中学生対象) 11時~、14時30分~  
 
体験実施希望者が多い場合には、先着順になる可能性もありますので、希望の方はお早めにおでかけ下さい。

仕事体験レポート⑭ バルコス

とっとり未来キッズプロジェクトの職場体験、最後の体験レポートは、バルコスのバッグデザイナー体験です。

「子どもでも持ちたいと思うバッグのデザインを考える」のが、バルコスでの体験内容。
ショールームでいろんなバッグを見てイメージをふくらませた後、それぞれでデザインを考え、みんなの前で発表!そして実際に、そのバッグの模型を紙で作りました。

はじめは絵を描くのに苦労していた子ども達も、作る段階になるとすっかり夢中に。
みんなの頭の中でイメージしたものが、立派なカタチになりました。

この子ども達の中から将来、デザイナーが何人生まれるのでしょうか!?未来への楽しみがふくらむ体験でした。

仕事体験レポート⑬ 岡田電工

とっとり未来キッズプロジェクトの職場体験レポート第13弾は、岡田電工の電気工事体験です。

まずは、“あなたのお住まいのちょっとした困ったことを、即解決する!「住まいのお助け隊」”のお仕事を体験。お客様から「蛍光灯がつかなくなった」という注文が入った想定でのスイッチ交換や、エアコン点検などを見学。その場でのお客様への見積作成といったお仕事も学びました。

次に、ちょっと難しい電気工事について、分電盤やコンセント、照明といった、家の電気の仕組みについても学び、簡単な結線作業や点灯作業も体験しました。

さらに、高所作業車「スカイマスター」で、地上10メートルの高さに上がり、太陽光パネルや電柱での作業についても説明を受けました。

台風接近の影響もあり、暑い中での体験となりましたが、ファンの付いた作業服を着たり、水分補給をこまめにするなど、仕事中の熱中症対策も、あわせて学ぶことができた1日となりました!

仕事体験レポート⑫ 大江ノ郷自然牧場

とっとり未来キッズプロジェクトの職場体験レポート第12弾は、大江ノ郷自然牧場の養鶏とパンケーキ職人体験です。

大江ノ郷自然牧場では、鶏を平飼で大事に育て、卵を産ませています。子供たちはまず、普通の人では入れない鶏舎に入り、卵を拾う作業を体験しました。そして、その後、実際に自分たちでパンケーキを作って、試食!みんな美味しそうに食べていました。

大江ノ郷の美味しいパンケーキの秘密に触れた1日。お菓子好き、動物好きの子ども達にはたまらない、暑い夏の日の貴重な体験となりました。

仕事体験レポート⑪ 米子こどもクリニック

とっとり未来キッズプロジェクトの職場体験レポート第11弾は、米子こどもクリニックでの医療スタッフ体験です。

田本先生から病院のお仕事について聞いた後、子ども達は、まず、赤ちゃんの健診をお手伝い。泣いてしまう赤ちゃんに苦労しながらも、体重や頭位を計りました。

次に、2人ペアになって看護師体験。お互いの体温、血圧、脈拍などを計って記録。
さらには、看護師さんと一緒に、実際の患者さんに病気の症状を細かく聞く問診を体験。その後、田本先生の診察の様子を見学しました。

参加者のほとんどが将来、医療分野への道を目指ししているとのことで、表情は真剣そのもの。体験が終わり、緊張が解けた子ども達からは素敵な笑顔が見られました!

仕事体験レポート⑩ 山陰合同銀行

こんにちは。とっとり未来キッズプロジェクトです。お盆休みいかがお過ごしですか?とっとり未来キッズプロジェクトの職業体験レポート第10弾は、山陰合同銀行での銀行業務体験です。

まずは銀行ではどういう仕事をしているのか説明を聞いた後、実際の店舗見学へ。普段は入れない営業室に入れてもらい、ごうぎんの皆さんの働く姿を見たり、お客様との応対を体験!その後、実際のお金にも触れたりしながら、最後には仮想店舗での窓口業務を体験しました。

子ども達はペアになり、ごうぎんの皆さんに時折アドバイスをもらいながら、入金や支払業務などを体験。模擬紙幣の数え方やお客様への接客が、体験を重ねるごとに上手になり、子ども達の表情もイキイキとしていきました!

お金を扱う銀行は、間違えがあってはいけない責任ある仕事だと実感した一方で、ごうぎんの皆さんの笑顔に触れ、銀行がより身近な存在になった子ども達でした。

仕事体験レポート⑨ 鳥取グリコ

とっとり未来キッズプロジェクトの職業体験レポート第9弾は、鳥取グリコでの食品工場スタッフ体験です。

鳥取グリコの皆さんと同じ作業服に着替えた子ども達は、臼井社長から鳥取グリコがどんな会社かを聞きました。食品とお菓子、合計11種類もの商品を作っていると聞き、いざお楽しみの工場の中へ。

工場では、ハヤシライスの製造工程を見学。たくさんの機械が並ぶ中、原料からハヤシライスができて箱詰めされるまでの流れを見た後、スタッフの方と出荷前の商品の品質チェック体験をしました。

スーパーなどで普段見る商品が、多くの人達の手で作られていることを知った子ども達。体験の後にみんなで一緒に食べたハヤシライスは、いつもと違うおいしさを感じたようでした!

仕事体験レポート⑧ 福山建築

とっとり未来キッズプロジェクトの職業体験レポート第8弾は、福山建築での「家作りのプロに学ぶ椅子づくり体験」です。

まずは、松本社長と参加キッズが名刺交換をしてから体験がスタート。椅子づくりの前に、実際に福山建築で建築中の家の中を特別に見学させてもらいました!棟梁に直接質問する子ども達もいて、普段なかなか見ることができない建築途中の家に興味津々の子ども達でした!

その後におこなった椅子づくりでは、福山建築の方々に教わりながら、のこぎりや金づち、やすりなどの道具を使って、大工を体験。作ったイスはそれぞれが持ち帰りました。男子だけでなく女子も上手に椅子が作れました!

猛暑の中、水分休憩を取りながらみんな頑張って体験ができました。

仕事体験レポート⑦ BSS山陰放送

全部で14社で実施する、とっとり未来キッズプロジェクトの職業体験。
折り返しとなる仕事体験レポート第7弾は、BSS山陰放送での「テレビ局のお仕事体験」です。

まずは、土曜日の朝放送する情報番組「まいどっ」の生放送をスタジオや調整室から見学。
普段テレビでは見られない、放送の裏側のスタッフの緊張感を子ども達も感じたようです。

続いてのアナウンス教室では、山根・山田アナから言葉の大切さを教えてもらいながら徐々にみんな大きな声でニュース原稿が読めるように。

最後に一人ずつスタジオでニュース原稿を読んだり、みんなで役割分担して短い動画を作りました。
キャスター、ディレクター、カメラマン、スイッチャー、みんなカッコよかったです!

終始、緊張する場面が多かった子ども達でしたが、緊張しながらも、みんなでひとつの物を作り上げる達成感・充実感を味わえた体験となりました!



仕事体験レポート⑥ 鳥取県生活協同組合

続いて仕事体験レポートの第6弾は、鳥取県生活協同組合での「組合員への商品配送体験」です。

はじめは緊張気味の参加キッズでしたが、外へ出てお客様のお宅に商品を配達しおすすめの商品について説明するうちに、ハツラツとした表情で取り組むようになりました!

間違いなく商品を届けることの大切さや、人とふれあう楽しさを学んだようでした。
生協の支所に戻ると、担当のお姉さんに参加キッズから次々と質問が飛び交うほどみんな真剣にお仕事を体験することができました!