新着情報

   

さんいん未来キッズプロジェクトからのお知らせです。

「さんいん未来キッズプロジェクト」テレビ特別番組の放送日時が決まりました!

こんにちは、さんいん未来キッズプロジェクトです。
いよいよ9月に入りました。

この夏、「さんいん未来キッズプロジェクト」では、鳥取県・島根県の15の会社で、合計74名のキッズがお仕事体験に挑戦しました。(コロナウイルス感染症拡大の影響で、一部の体験が延期となっております。)

どの会場でも、真剣に、そして楽しく、仕事に挑戦したキッズのみんな。そんなキラキラしたキッズの様子を、是非、たくさんの皆さんにご覧になっていただきたいと思います!

この夏の体験の様子をハイライトでまとめたテレビ特別番組は、ご覧の日程で放送します。

9月25日(土) 午後2時00分~3時15分放送

 

2021さんいん未来キッズサポーターの中島早也佳アナウンサー・藤井美音さんを進行役に、キッズの輝く姿を紹介します!

 

皆さん、是非、ご覧ください!!

 

仕事体験レポート⑮ 「マリエ・やしろ」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート第15弾は、マリエ・やしろの「模擬挙式・披露宴での職場体験」です。

会場の松江イングリッシュガーデン内にある「Corridor Court(コリドールコート)」に集まった未来キッズたち。
結婚式場の仕事について、音響、司会、カメラマンなどいろいろなプロが集まってできているという説明を受けたあと、キッズたちはカメラマン、司会者、アテンドの3つの仕事に分かれて体験することになりました。
模擬挙式・披露宴が始まる前、それぞれスタッフに教わりながら、リハーサルをし、本番に備えました。

会場準備も整い、いよいよチャペルにて挙式がスタート。
ウェディングドレスとタキシードを着た新郎・新婦が入場。
緊張しながらも未来キッズは司会進行、挙式進行のサポート、カメラマンと、それぞれの役割で体験をしました。このあと会場を移し、披露宴が開宴。
引き続き、披露宴の司会進行に新郎新婦のケーキ入刀やキャンドルリレーのサポート、カメラ撮影とプロスタッフが普段している仕事を体験しました。

キッズたちは体験を通じて、いろいろな人が携わって結婚式ができていることを知り、その大変さを実感。でも、幸せいっぱいの挙式・披露宴をお手伝いする仕事に喜びを感じていました。

仕事体験レポート⑭ 「すし弁慶」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、第14弾はすし弁慶。
お寿司が大好きな未来キッズたちがお寿司づくりと揚げ物・デザートづくりに挑戦しました!

店長さんからのご挨拶の後、おそろいのユニフォームに着替えて気分は寿司職人!社長さんから激励の言葉をもらい、早速店内ツアーに出発!普段は見ることのできない厨房やお皿の集計システムにみんな興味深々。

さあ、いよいよお仕事体験スタート!

まずはお仕事を教えてくれる先生店員さんにご挨拶。「おはようございます!」店員の皆さんからの元気な挨拶に迎えられ、軍艦巻きづくり班と揚げ物・デザートづくり班に分かれて練習開始!盛り付けやソフトクリームづくりに悪戦苦闘しながらも、みんなの顔は真剣そのもの。一通り練習をすると、いよいよお店がオープン!本番の始まりです!

オープンと同時に超満員の店内には次々とオーダーが!軍艦巻きづくり班は6種類ものお寿司をつくり、緊張した表情から、「まぐろ三昧いっちょう!」どんどん大きな声が出るように!揚げ物・デザートづくり班は、タイマーで時間を計り盛り付けは丁寧に。ソフトクリームも上手につくれました!

あっという間のお仕事体験、みんなの表情もまるで職人!先生店員さんもビックリの上達スピードで、店長さんから太鼓判をいただきました!

最後はすし弁慶さんからお寿司をお腹いっぱいごちそうになり大満足。店員の皆さんの明るく楽しそうな雰囲気に、「ここで一緒に働いてみたい!」と満面の笑顔で体験を終了しました!

※こちらの体験は、当初予定していた体験日から延期をして実施いたしました。

仕事体験レポート⑬ 「ケイ・エフ・ジー」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、第13弾は島根県のケイ・エフ・ジー。

ケイ・エフ・ジーは、ミネラルウォーターの製造と販売を手掛ける会社。
工場がある浜田市金城町は、昔から良質な温泉の出る地域として有名で、その恵まれた環境から湧き出る水は、そのまま飲めるほど品質が良いことで全国に知られています。

最初は、そのおいしい水を全国の消費者に届ける製造工程を見学!ウォーターサーバ―用のボトルに水を入れる作業や、お店に並ぶペットボトルの製造工程では、ほぼ機械化されている作業にキッズたちも興味深々。

続いては、実際にいろいろなミネラルウォーターを実験台に、pHと伝導率計を使用して、成分チェックの体験。同じミネラルウォーターでも、メーカーによってそれぞれ成分が違うことを学びました。
そして品質の良さを証明する硝酸態窒素測定も体験。地元で湧き出るミネラルウォーターの品質の良さを体感し、改めて自然の恵みが豊かな地元なんだと再認識した様子の未来キッズたちでした。

仕事体験レポート⑫ 「吉川製作所」※「吉」は土に口

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、第12弾は吉川製作所です。

吉川製作所は出雲市で業務用製氷機や食器洗浄機をはじめ、工場で使う機械、航空機、車の部品などを金属加工して作る会社です。
まずは座学から。吉川製作所がどんな会社なのか、何を作っている会社なのかを学びました。
そのあと、未来キッズたちは工場に行き、最新鋭の設備で設計図通り金属を削って部品を作っている様子を見学。そして、小さな金属製のコマにキッズの名前を彫る作業をスタッフに教わりながら、機械を操作しました。
また、ノギスと呼ばれる計測器で金属の寸法を測る体験をし、「きちんと測る」技術についても学びました。
再び部屋に戻ったキッズたちは、最後に、コマ大戦に挑戦!
対戦で使うコマは、金属加工の最新技術とノウハウ、知恵が詰まったモノです。
キッズたちは強そうなコマを選び、優勝目指して勝負しました。

モノづくりの楽しさと喜びを感じたキッズたち。充実した1日を過ごせたようです。
※こちらの体験は、当初予定していた体験日から延期をして実施いたしました。

【注意】※吉川製作所の「吉」は土に口

仕事体験レポート⑪ 「BSS山陰放送」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、第11弾は米子市に本社があるBSS山陰放送。
放送局に集まった未来キッズたちに、盛りだくさんのメニューを体験していただきました!

まずは名刺交換体験。初めての場所、初めての名刺交換に少し緊張気味の様子でしたが、名前を言ったり名刺を渡す所作は様になっていました。
そのあとは「放送局のしくみについて知ろう!」ということで、テレビのスタジオへ!普段「テレポート山陰」や「etime」という番組を放送しているスタジオには、色んな大きさのカメラがあり、大きなカメラの迫力に驚くキッズも。カメラの映像や皆が見る番組が放送される仕組み、中継車の見学、災害時などの対応の説明を聞き、サブスタジオでは一人ずつお天気カメラを動かしてモニターをCHECKしながら上手くコントロールしていました。

続いては、ラジオのスタジオへ!普段なかなか見ることのできないラジオの裏側やずらーっとCD等が並んでいるレコード室を見学したあとは…ラジオの生放送に出演しちゃいました!一人ずつマイクの前に座り、「夏休みはどうだった?」「得意な教科は?」などアナウンサーからの質問にそれぞれしっかり答えていました。

テレビ・ラジオについて体験したあとは、「生たまごBang」にも出演している山根伸志アナウンサーによるアナウンス教室を開講!山根アナが作った「アナウンサーとは?」「アクセントについて」「言葉の大切さ」などが書かれた資料をもとに話は進み、30の滑舌集を一気に読み上げる山根アナに圧倒されるキッズたち!相手に伝えること、そして相手の話を聞くことが大事だと教えてもらいました。
そして「石川ちゃん」の愛称でお馴染みのBSSの石川気象予報士からお天気原稿の読み方のコツを教えてもらい、最後のお天気キャスター体験へ!
スタジオには「テレポート山陰」の秦キャスターと木嶋キャスターがお出迎え。お天気キャスター体験の中にはフリートークの部分があり、「どんな質問がくるんだろう?」とドキドキしていましたが、フロアディレクターの山根アナから合図がくると、おちついて島根・鳥取両県の明日のお天気を伝えることができました。

放送局には様々な役割の人がいること、そしてテレビ・ラジオの裏側を楽しく学んだ未来キッズたちでした!
※こちらの体験は、当初予定していた体験日から延期をして実施いたしました。

仕事体験レポート⑩ 「グリコマニュファクチャリングジャパン鳥取工場」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、第10弾は鳥取県の南部町にあるグリコマニュファクチャリングジャパン鳥取工場。

田んぼを抜けるとどーんと大きくそびえ立つ工場に集まった未来キッズたちは、最初に自己紹介をするため名刺交換を体験。初めてする名刺交換でしたが「職業体験部 ○○○○(名前)です。よろしくお願いします。」と大人顔負けの挨拶が出来ました。

工場に入るための作業服に着替えたあとは、グリコの会社説明を聞きます。グリコの商品が全世界で販売されていること、鳥取工場の歴史、グリコがお客様に喜んでいただくための商品づくりをしているお話を聞きました。

そのあとは、なかなか入ることの出来ないカレーの製造工程が見られる工場内へ潜入!衛生管理も徹底されている工場に入る前には、ローラーや手洗い、エアーシャワーをしてから入ります。まず初めにカレーの原料を見て、温度調節で原料が傷まない工夫がされていること、その原料が高温の鍋で混ぜられている工程等を見学しました。
次に商品の箱詰めをするための色んな機械の説明を聞きながら、商品の梱包工程を見学。最後は、商品の品質検査をそれぞれ体験。
おいしい商品を届けるために、様々な場所やたくさんの機械があることに感動し、前のめりになって説明を聞く未来キッズたちでした。

お昼も近づき…工場内にも良い香りが漂い…お腹がペコペコのみんなにお楽しみタイム!グリコの製品「グリコプレミアム熟カレー(甘口)」をみんなでいただきます!一人がおかわりするとみんながおかわり!おいしくてペロリとなくなりました。

カレーを食べたあとはなんとお菓子のデザートも♪最後は「ポッキーポーズ」で記念撮影!身近にあるカレーやお菓子が作られている工場を見学して、たくさんのお土産ももらって、みんな笑顔で体験を終えました。

仕事体験レポート⑨ 「アクシス」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、第9弾は鳥取県のアクシスです。

ITシステム会社アクシスでのプログラミング体験。
前半は、システムって何?どういうところに役立てられているの?などのレクチャーがあり、社長への質問タイムではキッズたちから次々に質問が飛びかいました。

後半は、実際にプログラムを組んで、温度や明るさなどの条件で動くセンサー付きの扇風機を動かしました。

チームに分かれて、お客さんの要望書どおりに扇風機が動くようプログラムを組んでみて、それぞれの結果を発表した未来キッズたち。
みんなでいろいろ考えながら課題をクリアして、楽しさと達成感を味わったお仕事体験でした。

仕事体験レポート⑧ 「さんびる」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、第8弾は島根県のさんびるです。

会場はさんびるが指定管理する松江駅前の松江テルサ!
『さんびる体操』で体をほぐした後に、「お願いします」「ありがとうございました」のあいさつ練習をして、いざ体験スタート。

まずは床の掃除を体験。
「決められた時間内できれいにするために、たくさんの道具を使いこなし、日々考えながら取り組んでいます」というプロのお話を聞いたあとに、自在ぼうきをつかった掃除に挑戦です。
日頃の学校での掃除経験も生きていることもあり、未来キッズたちはみんな上手に掃除ができました。

次は同行していた保護者の方も興味津々だったカーペットのシミ取り体験です。
「しみはこすらずたたく」をポイントに、コーヒーの染み抜きを体験。みんなきれいにできました。

このほか、さまざまな施設がある松江テルサならではの館内受付業務体験や、アナウンス体験、カフェ体験などさまざまなジャンルのお仕事にも挑戦!

なじみのある施設でのお仕事体験で、さんびるの仕事をより詳しく知ることができ、満足そうな様子の未来キッズたちでした。

仕事体験レポート⑦ 「昭和測量設計事務所」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、第7弾は島根県の昭和測量設計事務所。

測量や地質調査などの仕事内容について説明を受けたあとに、「いまや測量もドローンで行える時代!」ということで、お楽しみのドローン体験へ!「みんなうまい!」とほめられると、未来キッズは暑さも忘れて得意げな様子でした。

そのあとは、新しい機械をつかった測量体験。最新機器を使えば一人でも測量が可能ということを知り、みんなびっくり。今回はそれぞれ役割を持ちまわりしながら測量の流れを体験しました。

体験は「測る」だけでは終わりません!続いてはみんなが取ったデータを使ってCAD体験!パソコンを使って測量したものを図に置き換え、図上で距離を測ったり色を塗り替えたり、自由自在に操れるソフトに釘付けでした。

「何もないところから測量をして、橋や道路ができるまでのすべてを見ることができる」測量の仕事に興味を持った様子の未来キッズたち。
最後はドローンで撮影した記念写真と体験修了書をもらって、みんな笑顔で体験を終えました。