新着情報

   

さんいん未来キッズプロジェクトからのお知らせです。

仕事体験レポート⑦ アクシス

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、
第7弾は鳥取市に本社を構えるアクシスです。

ITシステム会社アクシスではプログラミング体験をおこないました。
はじめは、アクシスのスタッフから、アクシスという会社、システム開発について丁寧に教えてもらいました。

人の役に立つシステムを作るには、困っている人の話をよく聞き、その人の身になってよーく考え、ひとりで考えずみんなと協力することが大切だと学びました。

そして、アクシスの坂本社社長へ質問タイム!
会社での社長の役割や将来、職業を選ぶ時どう考えるのがいいかなど、貴重なお話を聞くことができました。

そして、実際にプログラムを組んでセンサー付きの扇風機を動かすプログラミング体験をしました。
3チームに分かれて「暑い夜にだけ動く」「人が近くにいると回らない」など、
それぞれの要望書に書いてある条件で扇風機が動くようにプログラムを組みました。
みんなでどうしたらよいかを話し合いながら、ひとつのゴールを目指すお仕事です。
最後に、それぞれの結果を発表。やり終えた時の達成感は格別でした!
みんなで協力して課題を解決するという、大切なことを学ぶことが出来て大満足のキッズでした。

仕事体験レポート⑥ 島根県薬剤師会

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、
第6弾は島根県薬剤師会です。

島根県薬剤師会では、薬剤師5名を迎え調剤・服薬指導を実際の薬局で体験をしました。

お揃いの白衣に着替えて気分はすっかり薬剤師!
自己紹介も兼ねて名刺交換に挑戦。初めての名刺交換にドキドキ。

その後は、実際に調剤を行う調剤室に入りました。
1500種類の薬を目の前にキッズ達も目を見開いて驚いていました!
まずは分包機を使って複数のお薬(お菓子)を小袋に分け、患者さんの飲み忘れを防ぐため、お薬カレンダー作りに挑戦。
細かな作業でしたが患者さんが分かりやすいようにお薬カレンダーまで作ることができ、一包化・お薬カレンダーの必要性について学びました。

続いて、水薬・軟膏作りに挑戦。
水薬(ジュース)と水を混ぜ合わせ、メールグラスで重さをはかり、水薬瓶に入れる体験をしました。緊張で手が震えてしまうキッズも。
軟膏は軟膏板とへらを使い、2種類のワセリンが均一になるように混ぜ合わせました。薬といっても色々な形状があることを学びました。

最後は患者さんにお薬のことを説明する服薬指導に挑戦。
一人一人、自身が作ったお薬を使って、患者さんにお話ししました。
お薬手帳の必要性、患者さんの話を聞いてあげること、お薬のことを正確に伝えることの大事さを学びました。

今までは患者さんとして来ていた薬局で、薬剤師さんの様々な仕事内容を体験できて大満足なキッズでした。

仕事体験レポート⑤ 鳥取トヨペット

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、
第5弾は鳥取トヨペットです。

この日、クルマ好きの10人のキッズが鳥取トヨペット倉吉店に集合。
実際に整備士が着ているものと同じ、ホンモノの作業服を着て職業体験スタートです。

まず、鳥取トヨペットとはどんな会社かという説明を聞いた後は、ショールームでお客さんにお茶をサービスしたり、納車についても学びました。これも大事なお仕事なんです。

そしてメインのエンジニア体験!
タイヤの空気圧やエンジンルームを点検し、ライトの点灯をチェック、ひとつひとつ異常のないことを確認し、チェックシートに記入。
クルマを持ち上げて下からのぞいて最終チェック。

クルマが安全に走行するためには、こういう細かいチェックがあるからこそ!
いろんな体験を楽しみながら学ぶことが出来て大満足のキッズエンジニアたちでした。

仕事体験レポート④ 島根県獣医師会

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、
第4弾は島根県獣医師会です。

島根県獣医師会では、講師に出雲ペットクリニックの院長先生、坪内総合ビジネスカレッジから2匹の小型犬を迎えて診察体験をしました。

参加者は自宅で犬を飼っている犬好きだったため、診察する小型犬の登場に穏やかな表情になっていました!

はじめに動物の名前や種類、年齢や性別をカルテに記入したあと、体重と体温、心拍数の測定と身体観察をしました。
心拍数の測定では、実際に聴診器を持ち一人ずつ小型犬の心音を聞きました。
「心臓どこだ?」と悪戦苦闘しながらも真剣な様子で心音を確かめていました。

身体観察では、目の色が正常か耳や口腔内に異常がないかを目視で確認しました。
動物へ声かけをしながら確認するのが大切というアドバイスに「耳きれいですよ~!」、「口診ますね」と声をかけながら丁寧に観察を行っていました。

人間とは違い会話ができない分たくさんの情報を自分の目や触診で確認する必要がある獣医の難しさを体感。
楽しみながらも、動物の少しの変化に気づくそのきっかけを体験できて大満足のキッズでした。

仕事体験レポート③ さんびる

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、
第3弾は松江市に本社を構えるさんびるです。

職場体験は松江テルサで行われ、初めに職員の方からさんびるが清掃をはじめ総合ビルメンテナンスを行う会社であることを学びました。

そして、1階にあるカフェの店員体験を行い、接客業務に初挑戦。
レジ作業、ドリンクとかき氷作りを行いました。
お客さん役で注文したドリンクやかき氷を食べて最初のお仕事で緊張した様子にも笑顔が出てきました。

続いて5階に上がり、スポーツクラブの体験を行いました。
受付と館内放送は緊張したようでしたが、職員の方に教えていただいた通り上手にできました!
ピラティス体験では会員の方たちに混ざり運動しました。
ストレッチポールを使った運動に悪戦苦闘しながら真剣に取り組みました!

そして最後に清掃体験を行いました。
掃除のプロにしっかりと水を切ることができる雑巾の絞り方を学び、机の上をきれいに拭いていました。
掃除機の正しいかけ方も学びました。吸引力が強い業務用の掃除機に興味津々!
普段の掃除機具との違いを感じテンションMAXでした。

普段何気なく訪れるビルでの仕事を学ぶことができ、さんびるの幅広い業務内容を体験できて大満足のキッズでした。

仕事体験レポート② 今井産業

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、
第2弾は江津市に本社を構えるの今井産業です。

最新の住宅づくりに使われている技術を学びました。

空気や音を遮断する三重サッシについて実際に触れながら、環境に配慮した構造について説明を聞き、日常で使う何気ない建築資材に施されている性能を学びました。

次にパソコンで図面を書きました!社員の方の説明をよく聞きながら、間取りや窓の位置などを決めていきました。キッズごとに工夫するようになり、好みの配置や家具選びをしていました。

最後は、木製の椅子づくり体験!間伐材を利用した木材で、ここにも環境への配慮があることを学びました。出来上がった椅子に座り、満足そうでした。

最後に今井社長からプレゼントをいただき体験終了!
たくさんのプレゼントを持って「楽しかった」と大満足のキッズでした。

仕事体験レポート① すし弁慶

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート、
第1弾は米子市に本社を構えるすし弁慶です。

お寿司が大好きな4人が集まり、回転すし北海道皆生店でお寿司づくりと揚げ物づくりに挑戦してきました!

まずはお揃いのユニフォームに着替えて気分はすっかり寿司職人!

そして本日のお仕事場、厨房に潜入!
「おはようございます!」スタッフの皆さんからの元気な挨拶に迎えられ、みんなで軍艦巻きづくり練習開始!盛り付けやのせる量に悪戦苦闘しながらも、みんなの顔は真剣そのもの。一通り練習を終え、いよいよお店がオープン!

開店とともに超満員の店内には次々とオーダーが!本番では軍艦巻きづくり班と、こちらも人気の揚げ物づくり班の2班に分かれ、実際にお客様に提供する軍艦巻きや揚げ物を作ります。

あっという間のお仕事体験、みんなの表情はまるで寿司職人!スタッフさんもビックリの上達スピードで、店長さんから太鼓判をいただきました!

最後は、すし弁慶さんからお寿司をお腹いっぱいごちそうになり大満足。スタッフの皆さんの、忙しくても楽しく明るく一生懸命働く姿に、「すごいと思った」「今度来るときはありがとうの気持ちを込めてお寿司を食べたい」満面の笑顔で体験を終了しました!

たくさんのご応募ありがとうございました!

こんにちは、さんいん未来キッズプロジェクトです。

2023年のさんいん未来キッズプロジェクトは応募を締め切りました。
たくさんの方にご応募いただき、ありがとうございました!

募集人数を大きく上回るご応募をいただきましたので、厳選なる抽選の上、抽選結果をハガキでご連絡させていただきます。
残念ながら、抽選で外れてしまった皆さん、興味を持ってお申込いただいたのに、お断りせざるを得ない状況になり、申し訳ありません。
体験いただく皆さんには、素敵な夏の思い出を作っていただければと思います。

本当にたくさんのご応募、ありがとうございました!

6/5(月)、今年もいよいよ「未来キッズ」の募集スタート!!

夏休みに開催する職業体験プログラム「さんいん未来キッズプロジェクト」。

今年、参加してくれる小学5・6年生の未来キッズを、6/5()6/25()の期間、募集します!

今回は13社の企業で、魅力いっぱいのいろんなお仕事が体験できます。

お店でのお仕事、建築現場でのお仕事。獣医師、薬剤師、調理の体験ができる企業もあります!

普段なにげなく見たり聞いたりしている仕事、ずっと気になっていた仕事、今まであまりを知らなかった仕事、実際に体験することで、新たな発見があったり、夢へ一歩近づくことができるかもしれません。

みんなが住んでいる山陰にはこんな企業があるんだ!っていう発見もきっとあるはず!

今年の夏休み、「さんいん未来キッズプロジェクト」を通して一回り大きくなった姿をお父さんやお母さんに見せてあげませんか?

ご応募お待ちしてます!

仕事体験レポート⑮「すし弁慶」

さんいん未来キッズプロジェクトの職場体験レポート第15弾は、米子市のすし弁慶での職場体験です。

残念ながら、夏休み期間中に体験が実施できず、約3ヶ月半遅れの開催となりましたが、お寿司が大好きな4人が集まり、お寿司づくりと揚げ物づくりに挑戦しました! 

まずはお揃いのユニフォームに着替えて気分は寿司職人!スーパーバイザーさんから激励の言葉をもらい、店長さんと発声練習。「いらっしゃいませ!」「かしこまりました!」段々大きな声を出せるようになりました!その後は今日のお仕事場、厨房に潜入!店長さんの説明にみんな興味津々です。

さあ、いよいよお仕事体験スタート! 

まずはお仕事を教えてくれるスタッフさんにご挨拶。「おはようございます!」スタッフの皆さんからの元気な挨拶に迎えられ、軍艦巻きづくり班と揚げ物づくり班に分かれて練習開始!盛り付けや段取りに悪戦苦闘しながらも、みんなの顔は真剣そのもの。一通り練習を終え、いよいよ本番の始まりです!

超満員の店内には次々とオーダーが!軍艦巻きづくり班は、色々な具材を美味しそうに盛り付けます。揚げ物づくり班は、タイマーで時間を計り見本を見ながら盛り付けは丁寧に。休憩をはさんで、寿司づくり班と揚げ物づくり班がチェンジ。みんな、たくさんのオーダーをこなせるようになりました!

あっという間のお仕事体験、みんなの表情はまるで寿司職人!スタッフさんもビックリの上達スピードで、その出来上がりに店長さんから太鼓判をいただきました!

最後は、すし弁慶さんからお寿司をお腹いっぱいごちそうになり大満足。スタッフの皆さんの明るく楽しそうな雰囲気と一生懸命な姿に、「私も寿司職人になりたい」「今度来るときはありがとうの気持ちを込めてお寿司を食べたい」満面の笑顔で体験を終了しました!